[ルックス向上]ボルト・ナット頭の清掃方法

ボルト・ナット頭の清掃方法

経年と共に足回りのボルト・ナットをはじめ汚れてしまいます。
そこで、お手軽にステンレスボルト頭の汚れを取る方法をご紹介します。
作業は簡単で見た目が綺麗になります。

今回は、ボルト頭の清掃方法について解説します。
是非、参考にして頂きたい。

整備情報

  • 整備周期の目安: 汚れている場合
  • 時間: 2分(1本)
  • 費用: 0円~約44,000円
    • カップブラシ:約500円
    • 電動インパクトセット(makita):約42,000円
    • 固形コンパウンド:約1,600円
    • 作業用ゴーグル:約700円
  • 難易度: ★☆☆☆☆

※ステンレス製ボルト・ナットのみに実施してください。

作業手順

※手袋は外して作業しましょう。巻き込まれるとケガをする恐れがあり危険です。

1.電動ドリルにカップブラシを取り付ける

カップブラシ 外形33mmカップブラシと電動ドリル

電動ドリルにカップブラシを取り付けましょう。

お勧めのカップブラシ

【ノーブランド品】研磨・研削用品 ワイヤーカップ ブラシ ミニカップ

カップブラシは、外形33mm・毛丈30mmの製品がお勧めです。
ネットで購入でき該当する製品は上記の製品のみの流通のようで販売代理店に聞いたところ「輸入品なので外形50mmの製品へ型が変更になった可能性がある」とのこと。

バイク整備において丁度良いサイズの本製品なので欲しい方は、在庫が無くなる前に入手しておくことをお勧めします。
又、電動ドリルに繋ぐアタッチメントは付属していないので、ホームセンターで型合わせしてアタッチメントだけ購入すると良いでしょう。

2.コンパウンドを少量塗布

メタルコンパウンドオールメタルポリッシュボルトにコンパウンド塗布ボルトにコンパウンド塗布2

ボルト頭に少量の固形コンパウンドを塗布しましょう。
使用するコンパウンドによって光沢が変化します。
液体コンパウンドは飛び散るので本作業には向いていません。

3.回転させたカップブラシの中心にボルトを潜り込ませる

カップブラシにボルト潜り込ませる

カップブラシには、中心がブラシが配置されておらず空洞になっています。
その中にボルトの頭を潜り込ませるとはボルトの頭の凹み・側面まで綺麗になります
この方法が一番簡単に大体の汚れを除去できるのでお勧めです。

尚、手袋は巻き込む危険性があるので厳禁です。素手で行いましょう。
また、飛び散ったブラシが目に入らないようゴーグルを着用して作業しましょう。

4.磨き残した汚れをカップブラシ先端で除去する

アクスルシャフトボルト磨き

推奨のカップブラシはワイヤーが柔らかいので、取り除けなかった汚れ箇所にボルトを押し付ける事でまとわりつく様に変形して汚れを除去できます

ホイール割締めボルト磨きホイール割締めボルト磨き3アクスルシャフトボルト磨き

まとめ

  • ボルト・ナットに固形コンパウンドを少量付け、カップブラシに潜り込ませて磨く

Q&A

  • 手袋を巻き込んで手首を痛めてしまった
    • 近くにあるウエスや手袋はドリルに巻き込んでケガの原因になるので環境を綺麗にしてから作業しましょう。手袋においては特に軍手は直ぐ巻き込まれるので厳禁です。手袋はせず素手で行う事をお勧めします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. ワイヤー先端のタイコにもグリスアップ

  2. バイク整備マインド

    バイク整備における状況判断の考え方

  3. バイクの定期点検事項と整備方法

  4. その他の整備小技集

  5. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法

  6. バイクを分解・組立する上での注意点

  7. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう

  8. バイク整備する上で必要最低限知っておくべき情報

  9. 固着したネジは、ラチェットビットで9割解決

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。本WEBサイトは、バイクの整備情報をバイクメンテナンスするオーナー様に向けて整備情報を発信しております。

拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にお聞き頂ければ24時間以内にお返事差し上げております。

バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のご注文(14バイクメーカー取扱可)

最近の記事

  1. バイクの可動部(レバー・ペダル・ケーブル)に使用するお勧め潤滑剤
  2. 分解前に心配なら写真を撮影する
  3. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  4. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  6. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備・修理のアドバイス差し上げておりますので、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事をさせて頂きます。
相談費用は無料で回数制限はございません。
バイクの整備用品が必要な際は、ALLメンテナンスSHOPをご利用頂けると幸いです。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP