ベアリングとは

ピストンとは

ベアリングとは

ベアリング

回転する相手部品に接して、軸を支持する部品がベアリングです。
バイクには様々な所にベアリングが使われています。
エンジン内部、ホイール、スイングアームのピポット部、ステアリングステム部等です。
基本的に回転する箇所にはベアリングが介在しています。

ベアリングの種類

ボールベアリング

ボールベアリング

ボールベアリングは、回転軸と軸受けとの摩擦を少なくする為に、外輪と内輪間に、保持器の中に入った鋼鉄のボールが入って回る構造です。
ベアリングの中では安価で最も認知度があるベアリングと言えるでしょう。

ローラーベアリング

ローラーベアリング

ローラーベアリングは、細長い円柱を転動体に使い回転する構造です。他の軸受けよりも薄く作る事ができますが、耐久性は低い特徴があります。
画像は、2サイクルエンジンのピストンとコンロッド間の小端ベアリングに使用されているローラーベアリングです。

まとめ

  • ベアリングとは、回転する相手部品に接して、軸を支持する部品
  • ボールベアリングは、外輪と内輪間に、保持器の中に入った鋼鉄のボールが入って回る構造
  • ローラーベアリングは、細長い円柱を転動体に使い回転する構造

摩擦が1/10!?夢のベアリング「自律分散式転がり軸受け」

近年ベアリング業界で注目されてきているのは、自律分散式転がり軸受け(Autonomous Decentralized Bearing:通称 ADB)です。

特徴は、保持器が無くなった事です。保持器が無くなると、ボール同士が接触してしまいますが、接触を回避する為に外輪に溝を掘ったそうです。
溝の部分を通過すると、ボールの当たる部分が真下ではなく横に当たる事で移動距離が少なくなるとの事。
これにより、ボールを一定の間隔で保持できるようになったそうで、保持器を排除する事ができたそうです。

動画でご覧頂くと分かりますが、ベアリングの動きが圧倒的にスムーズに回転しています。まるで劣化したベアリングのようと思われている方もいるでしょう。それ以上に回っています。
もし、ホイールベアリングやエンジン内部のベアリングをこのADBに変える事が可能なら、圧倒的に性能は向上する事でしょう。
耐久性が気になりますが、ホイールベアリングだけでもこれに変えて走ってみたいものです。
近い将来、このベアリングが二輪の市場に流通するといいですね。

株式会社空スペース

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 2サイクルエンジンとは

  2. サーモスタットとは

    サーモスタットとは

  3. ABSとは

    ABSとは

  4. ピストンとは

    ピストン

  5. クラッチとは

    クラッチ

  6. ヘッドライトとは

  7. サイレンサーとは

    サイレンサーとは

  8. フレーム

  9. ターボとは

    ターボとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。本WEBサイトは、バイクの整備情報をバイクメンテナンスするオーナー様に向けて整備情報を発信しております。

拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にお聞き頂ければ24時間以内にお返事差し上げております。

バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のご注文(14バイクメーカー取扱可)

最近の記事

  1. バイクの可動部(レバー・ペダル・ケーブル)に使用するお勧め潤滑剤
  2. 分解前に心配なら写真を撮影する
  3. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  4. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  6. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備・修理のアドバイス差し上げておりますので、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事をさせて頂きます。
相談費用は無料で回数制限はございません。
バイクの整備用品が必要な際は、ALLメンテナンスSHOPをご利用頂けると幸いです。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP