ボールベアリングの取り外し・取り付け方法

ボールベアリングの取り外し

エンジン ベアリング

反対側から叩き出せるボールベアリングの取り外し方

クランクケースなどに圧入されているベアリングのうち、反対側からアウターレースを叩いて抜けるタイプの場合は、アウターレースを叩いて取り外します。
アウターレースを叩いて取り外した際は、ボールベアリングに基本異常は無いので再利用可能です。再利用する場面は無いかもしれません。

インナーレースしか叩けない場合は、ベアリングのレース面とボールが損傷する可能性がある為、再利用せず交換しましょう。

叩き出せないボールベアリングの取り外し方

クランクケース等に圧入されているベアリングの中で、圧入部が袋状になっていて、反対側から叩き出せない場合は、ベアリングリムーバーを使用します。
外したベアリングは、インナーレースに力を加えて外しているので、レース面とボールが損傷している可能性があるので再利用せずに交換しましょう。

ベアリングリムーバーは、確実に押し込み、ツメが確実にベアリングのインナーレースに噛んでいる事を確認してから取り外しを行いましょう。
もし、ベアリングリムーバーのツメが摩耗してナメ掛かっている場合は、ベアリングリムーバーを交換しましょう。

ベアリングリムーバーが使用できない場合のボールベアリングの取り外し方

ベアリングリムーバーが使用できない場合、圧入ケース側を外から温めて、ケースを熱膨張させて取り外します。ケースは高温になるので、手袋を着用し火傷に注意しましょう。
バーナーの使用は不可です。局所的に熱が加わる為、ケースが歪みを起こし、使用でき無くなる場合があります。ヒートガンで均一に徐々に加熱しましょう。

軸に圧入されたボールベアリングの外し方

軸に圧入されたボールベアリングは、ベアリングプーラーという専用工具を使用して取り外します。通常、アウターレースを引っ張る格好になるので、ベアリングの再利用は不可能です。インナーレースを引っ張る格好で取り外せる場合は、再利用可能です。

ホイールベアリングの取り付け方法

ベアリングの取り付け前に、圧入部を清掃し、ゴミなどを取り除いておきましょう。ベアリングの取り付け方向は、文字が書いてある方が打ち込む側(手前)に来ます。
ドライバハンドル、アウタードライバーを使用して打ち込みます。事前にケースを温めて、浸透潤滑剤を塗布しておくと圧力し易いです。

圧入後、ノギスでベアリングの圧入具合を確認しましょう。均等に圧入されているとご自身思っていても、意外と0.1mm程度のズレがある場合があります。0.05mm以内のズレに収まるよう修正しましょう。

軸にボールベアリングを圧入する方法

軸にボールベアリングを圧入する場合、インナドライバハンドル・インナドライバを使用してインナーレースを打ち込む。

ベアリングは平行に打ち込む事。
圧入部にゴミがを除去する事。
新品のベアリングで圧入が緩い場合は、ケースを交換する。
組み立て式クランクシャフトベアリングの取り付けには使用しない事。クランクシャフトの軸が歪んでクランクシャフトの振れが過大になる場合がある。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. ブレーキペダルフィーリング向上方法

    ブレーキペダルフィーリング向上方法

  2. バイクを分解・組立する上での注意点

  3. バイクの定期点検事項と整備方法

  4. アルミ製バンジョーボルトの締め付けトルクに要注意

  5. バイク整備する上で必要最低限知っておくべき情報

  6. 固着したネジは、ラチェットビットで9割解決

  7. サービスマニュアルの略号一覧

  8. ワイヤー先端のタイコにもグリスアップ

  9. トルクレンチを使う前にタップ・ダイスを掛ける必要性

    トルクレンチを使う前にタップ・ダイスを掛ける必要性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。本WEBサイトは、バイクの整備情報をバイクメンテナンスするオーナー様に向けて整備情報を発信しております。

拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にお聞き頂ければ24時間以内にお返事差し上げております。

バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のご注文(14バイクメーカー取扱可)

最近の記事

  1. バイクの可動部(レバー・ペダル・ケーブル)に使用するお勧め潤滑剤
  2. 分解前に心配なら写真を撮影する
  3. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  4. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  6. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備・修理のアドバイス差し上げておりますので、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事をさせて頂きます。
相談費用は無料で回数制限はございません。
バイクの整備用品が必要な際は、ALLメンテナンスSHOPをご利用頂けると幸いです。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP