マスターピストンにグリス塗布でフィーリングアップ

ブレーキレバーは、マスターピストンへ弧を描くように押し込みます。水平に押し込む訳ではありませんので、マスターシリンダー内部・マスターピストンとレバー接触部が抵抗になります。
そこで、グリスを塗布する事でスムーズにマスターピストンを押し込むことが出来ますので、グリスを塗布しましょう。

マスターピストンに穴が開いていませんか

ブレーキレバーの種類により、マスターピストンに接触する箇所が「スクリュータイプ」の製品が有ります。
スクリューの出量を調整し、レバーの遠さ調整を簡易的に出来るようにする為です。
しかし、スクリューの先端の端がマスターピストンに接触する事で点接触になり、マスターピストンへの攻撃性が高く摩耗が著しく早いです。スクリューがマスターピストンを削り穴を開けていき、マスターピストンが戻らずブレーキが制動した状態になる場合があります。もし、スクリュータイプのブレーキレバーの場合は、社外のブレーキレバーの交換をお勧めします。また、削れたマスターピストンも交換しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. クラッチレバーの遊び調整方法

    クラッチレバーの遊び調整方法

  2. ブレーキ性能回復方法

    ブレーキ性能回復方法

  3. キーシリンダー交換方法

    バイクのキーシリンダー交換方法

  4. フロントブレーキディスク交換方法

    バイクのフロントブレーキディスク交換方法

  5. ステアリング系の整備小技集

  6. フルード交換後、30分後にニップルのフルード漏れ点検

  7. フロントブレーキパッド交換方法

    バイクのフロントブレーキパッド交換方法

  8. ニップルのメガネレンチに手が届かない場合のブレーキフルード交換方法

  9. フロントブレーキキャリパー取り外し・取り付け方法

    バイクのフロントブレーキキャリパー取り外し・取り付け方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. 分解前に心配なら写真を撮影する
  2. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  3. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  4. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  5. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  6. エレクトロタップの使用は控えよう
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP