フロントフォークOH時は、シールの圧入調整を行う

シールの圧入調整とは、オイルシール・スライドメタルの圧入具合を調整する事です。インナーチューブが摺動する際に、オイルシール・スライドメタルが斜めに圧入されていれば抵抗になりますし、寿命も短くなります。均等に入っているつもりでも、意外と0.2~0.3mm圧入具合が異なっておりますので、ノギスで4ヵ所測り、高い箇所を叩いて均等に圧入しましょう。

デジタルノギスの方が分かり易いです。シンワからリーズナブルな価格でラインナップされています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. フロントフォークOH時、インナーチューブの錆を除去する

  2. フォークブーツの損傷は、中に汚れが溜まる場合があるので交換

  3. フロントフォーク取り付け後は、アクスルシャフトを通して突き出し量を点検・調整

  4. トップキャップの締め付けにはアルミ製・樹脂製の工具の使用がお勧め

  5. サスペンション系の整備小技集

  6. フロントフォークのメタル剥離

  7. フロントフォークの種類の違いによる、フロントホイール脱着注意点

    フロントフォークの種類の違いによる、フロントホイール脱着注意点

  8. フロントフォーク・キャリパー・ホイールは必ず指定トルクで締め付け

  9. フロントフォークとは

    フロントフォークとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ブレーキ部品の役割をカンタン解説
  2. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  3. クラッチケーブルのワイヤリングミス
  4. 2サイクルエンジンとは
  5. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  6. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP