サービスマニュアルの略号一覧

  • Assy.:アッセンブリ。分割できる部品の集合した状態を示す。
  • R.:ライト。車体進行方向の右側を示す。
  • L.:レフト。車体進行方向の左側を示す。
  • IN:インテーク。吸気側、または内側を示す。
  • EX:エキゾースト。排気側、または外側を示す。
  • STD:スタンダード。
  • OP:オプション。
  • OS:オーバーサイズ。
  • L(100L):リンク数(100リンク)
  • C2:カウンターシャフト2速ギヤ(数字はギヤの段数を表す。)
  • M5:マインシャフト5速ギヤ(数字はギヤの段数を表す。)
  • rpm:1分間の回転数
  • BTDC:上死点前
  • ATDC:上死点後
  • BBDC:下死点前
  • ABDC:下死点後
  • AC:交流電流
  • DC:直流電流
  • CDI:容量放電点火
  • 4P:カプラーのピン(端子)の数

部品に取り付け方向性がある場合、識別記号で判断する。

  • IN:内側あるいは、吸気側に向ける(矢印や三角マークがある場合は、マークを内側あるいは吸気側に向ける)
  • TOP:上側に向ける。(文字の上下が正しく見えるようにする)
  • UP:上側に向ける。(文字の上下が正しく見えるようにする)
  • UP△:△を上に向ける。(矢印の場合もある。)
  • F←:矢印を前に向ける。(三角の場合もある。)
  • R(RH):車体進行方向の右側に組み付ける。矢印や三角があればマークを右側に向ける。(あるいは右側用を示す。)
  • L(LH):車体進行方向の左側に組み付ける。矢印や三角があればマークを左側に向ける。(あるいは左側用を示す。)
  • F(FR):車体の前側を示す(あるいは前側用を示す。)
  • R(RR):車体の後側を示す(あるいは後側用を示す。)
  • OUT(OUTSIDE):マーク側を外側に向ける。
  • LOWER:下限を示す。
  • UPPER(FULL):上限を示す。
  • ⇦:回転部にある場合、その回転部品の回転方向を示す。

その他、部品にポンチマーク(・)がある場合、方向性や合わせ位置を示しているため、組み付け時に良く確認する。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう

  2. シフトペダルの高さ調整方法

    シフトペダルの高さ調整方法

  3. 整備する前に知っておきたい、「ねじのメカニズム」

  4. バイクの故障診断一覧表

    バイクの故障診断一覧表

  5. シフトペダルフィーリング向上方法

    シフトペダルフィーリング向上方法

  6. アルミ製バンジョーボルトの締め付けトルクに要注意

  7. 締め付けトルク単位変換表 N-m kg-m

    締め付けトルク単位変換表(kg-m⇔N-m)

  8. 逆タップ(エキストラクター)による折れたボルトの救出方法

  9. ブレーキペダルフィーリング向上方法

    ブレーキペダルフィーリング向上方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. 分解前に心配なら写真を撮影する
  2. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  3. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  4. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  5. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  6. エレクトロタップの使用は控えよう
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP